メインイメージ画像

用途や関係性によって選べる電報の種類について

昔の伝達手段のようですが、通信手段が発達していなかった時代は、電報というものによって、緊急を要する事柄を伝えていました。チチキトク、スグカエレといったメッセージが電報で伝えられる場面を、ドラマなどで見たことがある人は多いでしょう。

けれども、通信手段が発達した現在の電報は、大別して弔電と祝電に分類出来ます。その中でも送る場面や相手によって、いろいろな種類があります。

弔電と言って思い浮かぶのは、告別式に送る電報です。告別式に出席しない時に送付するものです。祝電と言えば、結婚式に送る電報や入学式や卒業式、父の日または母の日、誕生日といった日に送る電報が当てはまります。やはり、そのお祝いの席に参列出来ない時に送るものです。



自身の結婚披露宴で、友達からの祝電をもらったり、入学式や卒業式の式場の前に貼られたりしている電報を見たことがあるでしょう。そういった祝電や弔電の電報を送る時は、電話で申し込むのですが、最近では、ネットでも申し込めるようになっています。またどんな文章を送ればいいのか悩む人にも、文例が準備されているため、そこから選ぶことが出来ます。加えて、その電報に応じてふさわしい台紙も、様々な種類が用意されています。

また電報と一律にぬいぐるみや花束を送ってくれるサービスなどもあるので、さまざまな場面に応じて、お祝いや悲しみの気持ちを添えられるようになっているため、お付き合いの度合いごとに、電報の形を選択することが出来るのです。

携帯電話やインターネットの拡大によって、メールなどで簡単にメッセージが送れるようになったとはいえ、電報という体裁でメッセージが届けば、やはり嬉しいものです。
簡単にメッセージが送れるようになっても、電報というものが無くならないのには、そうした人の気持ちに添うものであるのが、要因の一つになっているのです。多様なシーンで電報というものを活用して、気持ちを送付することを選択肢の一つとして、残していきたいものです。